きまぐれ

バラエティを創ろう#1

なんで、TV番組に心躍っていない?

日本から離れて数年生活すると、自分のTVとの付き合い方が変わっていた。昔の私はとにかくダラダラ見て、CMはトイレに行ったりお茶入れに立ったりして、またダラダラ見て。

それが、久しぶりの日本のTVで1番惹かれるのがCM。目新しいしキャッチコピーや色使い・言い回しを見るようになっていた。職業病というのもあるかもしれないけれど、あの数秒・数十秒に大量の労力が注がれたCMが面白くないハズがないな。(これはまた追々語りたくなりました。別の機会に。)

そして本題のTV番組。私が帰国してからこれまでの間、本能のまま、テレビとどう付き合ってるかな…と振り返ってみた。

(ちなみに私は在宅フリーランスなので、自分で仕事時間を調整できるから、気の向くままに観ることができます。)

ドラマは全く観ない。これは以前の私にしたら驚きのことで、曜日ごとに楽しみにしていた。でも今はなぜか惹かれない。

母が付ける昼の帯番組は、長々同じ話題をやっているから要するになんだろう、と横目で思って他事をする。

そして、バラエティ番組は、朝新聞を読んで「今日これ絶対観なきゃ!」は無くなった。興味のある番組がたまたまTV前に居たときに放送されていたら付ける。

しかも、その番組を流していても、興味があるコンテンツの時に目線をやって観るけど、並行してシゴトや読書や、猫と遊ぶ。

総じて、TVに心躍らなくなっている。

え、なんでだろう?あんなに好きだったのに。

「私」が心躍る番組が観たい

調べてみると、一般的に「現代では、You TubeやInstagramなどSNSが生活に進出してきたことにより、可処分時間(人が使える時間)の奪い合いが起きている」そう。

つまり、色んなコンテンツがある中で、自分がTVに費やす時間に、他の事を入れるようになったから。らしい。

なるほど…。でも、私はCMが好き。多分だけど最近は番組よりもCMになったときの方が目線をTVから落とさない。

となると、TV番組は、目を離したくないほどの魅力ある番組じゃないと観ない。

逆に言うと、目を離したくない番組があったら、ものすごく楽しくなりそう。

それなら、自分でそんな番組を創ろう。創って、観たい!

私が好きな番組を挙げる

「番組を創ろう!」って思い付いたは良いけれど、これまでにそんな経験は無い。どうやってやれば良いか、ノウハウを知らない。

でも、先人たちもきっと創造力を使ってきたからこそ面白い番組を世の中に生み出しているんだと思うから、私も手探りでやってみようと思う。

まずは、「私」の面白いと思うポイントは何なのかを知ろうかな。

人生の中で、心躍って観ていたバラエティ番組を挙げてみます。(心躍る、の定義が難しいので、「観てる時にチャンネルを変えられたらムッとする番組」にします。)

  • 探偵ナイトスクープ
  • 進ぬ電波少年
  • 黄金伝説
  • 陸海空地球征服するなんて
  • 世界の果てまでイッテQ
  • 鉄腕ダッシュ
  • 学校へ行こう
  • しゃべくり007
  • PS純金
  • 月曜から夜更し
  • マツコの知らない世界
  • トリビアの泉
  • アイ・アム・冒険少年
  • アメトーク
  • SMAP×SMAP
  • 伊東家の食卓
  • TVチャンピオン

ゲストやテーマによって、全く興味のない回がある番組もあるけど、ざっとこんなラインナップになりました。

パッと見ると、王道なのかな?とも思うけれど。これらを分解して、研究してみようとおもいます。

(つづく)