WEBのコト

【WEB知識】「検索されやすいページづくり」は「SEOを強める」と言う

SEOについて解説

最近ホームページやブログを個人でもやる人が増えていて、「ちゃんと店の名前入れないと」とか「商品名を入れて上位表示されるように」とか、ホームページのちょっとしたコツのように知識として知っている人が増えたように感じます。

WEB業界では、この「検索されやすいページづくり」の手法を「SEOを強める」と言います

検索されやすい記事を作ってくれるサービス⬇︎⬇︎

今回は、「SEO」って言葉を知らない人が読んで、「なんとなく理解した!」「使えそう!」となるように説明していきたいと思います!

SEOとは、検索エンジン最適化

SEOとは、Search Engine Optimizationの略。

Search=検索
Engine=エンジン
Optimization=最適化

WEB業界に入ったりWEB担当者になるとSEO、SEOって当たり前のように使っていますが、「SEO」と言う言葉を知らずに同様の作業をしている人もいるんですよね。

あすか
あすか
私も昔知らずにブログやってた時期がありました!このSEOって言葉を知ってから、仕組みが理解できてもっと効果が出やすくなったんですよね〜。

と言うことで、一体SEOってどういうことか、簡単ざっくりと説明します!

SEOの仕組みは簡単に言うとこんな感じ

SEOは、簡単に言うと
「検索した言葉」が「検索して得たい情報」と合っているとGoogleが評価した時に、上の方に表示される
と言う仕組み。

Googleさんは、常にユーザーが快適になるように開発してくれていて、検索したいものが早く見れるようにしてくれているんですよね。

 

SEOの説明SEOの説明

だから、例えば「アンパンマン 本」で検索した場合

検索した人は「アンパンマンの本が欲しいな」とか「アンパンマンの本で発売されているのはどんなのがあるのかな」ということが知りたい

⬇︎

その情報が記載されているページを見た時に、見る時間が長かったりいろんなページを見たりする人が多い

⬇︎

検索された時に上の方に表示をさせて、検索された時にクリックされやすいようにしてくれる

と言う流れが生まれるのです。

つまり、検索されそうな内容をしっかりまとめていれば、検索された時に上の方に表示されるのです。

 

もう少し、別の言葉でも見てみましょう。

SEOの説明2SEOの説明2

 

「ラーメン お取り寄せ」で検索した場合。

検索する人は、「ラーメンをお取り寄せして購入できる通販サイト」や「美味しいお取り寄せラーメンの口コミ」などを知りたいと思っています。

そこで、出てきたページをクリックして欲しい情報が得られると、ページを見る時間やいろんなページを見るページ数が増えるので、Googleが「この検索をした人が欲しい情報が載っているサイト」として検索した時に上の方に表示されるようになります。

 

自分のサイトでSEOを強めるためにすぐできる方法

自分のサイトでSEOを強くするためにできることは、とっても色々あります。
でも、簡単に気をつけることができるのはこのつです。

①検索される言葉を考えて、それを見た人がページ内で解決する情報を載せる

②検索される言葉を何度かページ内でも使う

③HPやブログ内の他のページも見てもらえるように促す

④友達や家族の携帯やPCで、その言葉を検索してみてもらう。
…自分のPCや携帯だと、自分のページが表示されやすくなります。初めて検索する友達や家族に検索してもらって、そこで見られるページを参考にしましょう。

 

ぜひ、意識してみてください!