WEBのコト

【簡単解説】お店の宣伝に使えるSNSはこの4つ!効果的な使い方

【簡単解説】お店の宣伝に使えるSNSはこの4つ!

更にSNS利用者が増えた昨今。お店のSNSは、【集客UP】【売り上げに直結】【宣伝できる】重要なツールになってきました。

ただ、色々あるから何から手をつけていいか分からない。
そんな方が多いのではないでしょうか?

それもそのはず、時代に合わせて常に新しい機能や使われ方が生まれ、SNSの運用を商売にしてる人もいるくらいなんですからね(私もですが。笑)

そんな「お店のSNSを1から頑張りたい」「SNSはあるけどこれから頑張りたい」という方向け“アカウントを作った方がいい4つのSNS”と、“その効果的な使い方”を解説します!

作った方がいいSNSはFacebook・Instagram・Line・Twitterの4つ!

SNSSNS

お店をやっている場合に作った方がいいSNSアカウントは、こちら。

  • Facebook
  • Instagram
  • Line
  • Twitter

(※お客さんが若年層ならTikTokも)

ただし、全部毎日やらなきゃいけない!っていう訳ではありません。

最初の設定をして、あとは効果的な使い方をすればOKです。

【図解】SNSの役割

SNSの役割は大きく2つに分けることができます。

SNSの役割イメージSNSの役割イメージ

お店を知ってる人向け➡︎Facebook・Line
お店を知らない人が見ることを想定➡︎Instagram・Twitter(・TikTok)

Instagram・Twitterで新規顧客の獲得と呼び込みをし、Line・Facebookでリピーターを増やすイメージです。

(もちろん、InstagramやTwitterもリピーター作りには重要です。ただし今回は「新しいお客さんを増やせる」ということを常に意識した方がいいという意味で、この分け方にしてます。)

SNS別やった方がいいコト

まず、全てのSNSに言えることは、「プロフィールをしっかり埋める」です!
<営業時間・住所・商品やサービス内容・HPのURL>は全て入れるようにしましょう!

では、SNSごとのポイントをお伝えします!

Facebook(フェイスブック)

公式情報を発信できる場所です!Facebookは「フォローしてもらったらタイムラインに流れる」ので、知ってる人に情報を渡すことを念頭に入れた投稿をしましょう。

更新頻度月に1〜2回
(ユーザー層が、30代以上が多く、ビジネス向けと言うことも考慮して、お客さんのターゲット層にあっていたら、多く投稿するのもありです!)
投稿内容お店の公式情報(イベント、新商品、定休日のお知らせなど)、季節柄にあった内容、商品・サービスの紹介など
ポイント・文章と写真(または動画)を一緒に投稿。➡︎目を止めやすくします
・文章は少なめ、重要なことを最初に。➡︎「もっと見る」を押さない人は読み飛ばしちゃう

 

Instagram(インスタグラム)

お店の雰囲気を、写真や動画で伝えられるツールです。Instagramは「フォローされていなくても見られることがある」ので、新規のお客様に知ってもらえる良い機会!頑張りましょう!

更新頻度週に3回(少なくとも)
もしできるのであれば、毎日1回同じ時間に上がると「固定のファン」が付きやすいと言われています。
投稿内容お店の内観・外観、商品・サービスの紹介、商品が日常にある様子など
ポイント・投稿したらストーリーにも投稿しましょう
(24時間で消えるので、気軽に投稿してOK)
慣れたらREELにもチャレンジしてみてください!
(動画の方が見られやすいです!)
#選びはめちゃくちゃ重要!
上限30個で、「検索したときに自分の投稿が出てきて欲しい」を意識して選んでみてください。
地名+サービス名とか、サービス名+好きな人と繋がりたいとか。

ちなみに、商品写真を撮影する場合は「背景」で雰囲気作りすることがとっても大事
背景布を購入できるサイトとかもあるので、「どんな印象を持たれたいか」で背景を選んで、撮影してみましょう!
⬇︎⬇︎

Twitter(ツイッター)

「文字数が140文字まで&写真」で気軽に投稿ができ、ツイート・リツイートによって「フォローしてない人にも見てもらえる」ツールとして、新しいお客さんに知ってもらうことができます。

更新頻度毎日〜2日に1回
(もちろん厳しい時は週に数回でも、引用リツイートだけでもOK)
投稿内容・中の人の人柄が伝わる内容
・トレンドの#に自分の商品・サービスを絡めた内容
ポイント・同業種や知り合いのお店の投稿にコメントをしてみましょう
(横のつながりを見せられるし、そのお店のファンの人にも知ってもらえます)
・自分のお店や商品についてツイートしてくれた人をリツイートする
➡︎自分が良いよ!って言うよりも、第三者からの口コミの方が信憑性が増します

ここで注意ポイントは、お店アカウントでは決して「政治」「宗教」「経済」について言及しないこと。トレンドに入っているからと投稿してしまわないように気をつけましょう。
(商売されている人なら気をつけているかと思いますが…。念のため。)

Line(ライン)

登録してもらうまでのハードルが高いけど、登録されたら定期連絡ができてしまうとっても良いツール!LINEは「フォローしてもらったら高確率で見てもらえる」ので、丁寧に、しっかりと戦略的に使うことが重要です!

更新頻度タイムライン:週に1回(多くても少なくてもOK)
トーク:月に1回(無理に送らない)

トークは登録者さんに普通にLINEするのと同じことなので、多すぎるとブロックされてしまいます。
【お得な情報】【重要な情報】をここぞ!という時に投稿しましょう。
投稿内容タイムラインの投稿内容については、お店(イベント、新商品、定休日のお知らせなど)、季節柄にあった内容、商品・サービスの紹介など
ポイント”予約””商品購入”ができるお店は、LINE登録お願いします!と促すとオススメ!
(昨今で一番日本人が使っているSNSがLINEなのです)
・ショップカード機能を使うとリピート率がUPします

 

いかがでしたか?少しでもお悩みが解消してもらえたら嬉しいです。

SNS集客でお悩みなら、「ココナラ」と言うサービスでお悩み相談をすることもできます
>ココナラを紹介している記事はこちら
SNS集客だけでなくて「痒いところに手が届く」悩み解決ができるサービスなので、ぜひ見てみてください。

ちなみに私も一つ、インスタグラムのサービスを出してみています。
WEBデザイナーが投稿1つデザイン&#選びします Instagramでお困りの方が自分で真似して作れる
他のことについても少しずつ公開してみようかな…。まずはよかったらご覧ください!!